50代の加齢臭原因

50代過ぎたら女性も気をつけよう加齢臭

加齢臭は、中高年特有の体臭のことで男性に多いと言われています。女性には酸化抑制効果のある女性ホルモンが存在しているので加齢臭がある人は少ないと言われています。ところが、女性でも50代以降になると女性ホルモンが少なくなるので加齢臭には気を付ける必要があります。

 

そもそも加齢臭のにおいの原因は、ノネナールと言う脂肪酸が年齢と共に増えるのでそれが原因。一般的には、ローソクや古い油のような臭いがすると言われています。

 

加齢臭の手軽な対策方法は、朝41度のシャワーを1分間浴びる、すると臭いの原因の皮脂を抑えることができるそうです。

 

また、臭いにはほかに「メタボ臭」とか「疲労臭」と言ったのがあるそうです。
メタボ臭の原因は、偏った食生活や過度のアルコール摂取が考えられています。これも体臭の一つ。このメタボ臭の対策は、運動をすること。汗をかくことで汗腺機能が高まり臭いを軽減することができるそうです。

 

もうひとつの疲労臭は、独特な酸っぱい臭い。疲れなどで肝機能が低下すると本来分解されるはずのアンモニアが分解されずに汗と一緒にでてしまうことが臭いの原因。疲労臭の対策は、暴飲暴食をしないようにしてアルコールの摂取は控え十分な睡眠をとり肝臓を健康に保つことがことが予防につながります。

 

また食事でも対策でき、納豆、豆腐、味噌などの大豆食品やビタミンC・E・βカロチンなどの成分が入っている緑黄色野菜が効果的と言われています。

 

逆に加齢臭のリスクが高い食べ物は、豚肉や牛肉など動物性脂肪が多い食品になります。おいしいけれど食べ過ぎには注意しましょう。