虫歯になりにくい人となりやすい人

虫歯になりにくい人となりやすい人がいる

虫歯にならないようにしっかり歯磨きをして口の中を清潔に保つことが大切なのは誰もがわかっていつ事です。しかし、毎日ちゃんと歯磨きしているのに虫歯が出来てしまう事ってありますよね?

 

その原因として考えられるのが磨き残しです。ですが、それ以外に虫歯になりにくい人と、なりやすい人がいるんです!

 

なぜ、虫歯が出来てしまうのか?そのメカニズムと一緒に、虫歯になりにくい人についてまとめています。

 

虫歯が出来てしまうメカニズム

口の中には約500種類以上の細菌が住んでいます。その中には虫歯菌と言われているミュータンス菌がいます。このミュータンス菌は、私たちが食事をした際の食べ残しを食べます。その際に酸を出して歯を溶かしてしまうのです。

 

虫歯になりにくい人とは?

3歳までに家族からの虫歯菌が移ったかどうか

虫歯菌のミュータンス菌は産まれたばかりの赤ちゃんには存在しない菌で、感染する経路は、家族からキスをされたり、大人が使ったスプーンで赤ちゃんにご飯を食べさせたりすることで感染してしまうのです。ミュータンス菌が3歳までに入ってしまうと定着してしまい、新しい細菌を入れないようにしてしまうのです。

 

逆に3歳までに、ミュータンス菌が入ってこないと、その後、虫歯菌が定住しなくなるので虫歯になりにくいと考えられています。

 

良く噛んで食べているかどうか

口の中に唾液は虫歯菌を増やさないようにする抗菌作用が高いのです。さらに、その虫歯菌を洗い流してくれる働きがもあります。食事などの際にしっかり噛むことで唾液が分泌され虫歯の予防になります。

 

でも、自分が唾液量が多いのか、少ないのか分からない人は、以下の項目が当てはまるかチェックしてみてください。

 

【唾液量をチェックする項目】
@柔らかいものばかり食べる。
柔らかいものを好んで食べていると、良く噛まないので唾液の分泌量が低下します。

 

A人前で話すことが多い。
良く話していると口を開けている時間が長いので唾液が蒸発して少なくなります。

 

B口を開けて寝ている
口を開けて寝ているので唾液が蒸発して口の中が乾いてしまいます。

 

C花粉症や鼻炎である
口呼吸になり唾液量が少なくなる

 

Dタバコを吸っている
ニコチンやタールの影響で血流が悪くなり唾液の分泌が少なくなる

 

どれか一つでも当てはまったら注意しましょう。

 

唾液を増やす方法

唾液が少ない場合は、唾液腺をマッサージすることで分泌量を増やすことができます。

 

唾液腺は、頬のあたりにあります。口を閉じて4本の指の腹で円を描くように10回位マッサージしましょう。すると唾液が分泌されます。

 

唾液は口臭を予防する効果もあるので口の中に唾液が少ないと思ったらマッサージをするようにしましょう!