臭い匂いの物質

口の臭いの物質

口臭の匂いには様々なものがあります。

 

厚生労働省の健康情報サイトのe-ヘルスネット」によると、『口臭の大部分(80%以上)は口腔内の気体由来であり、その主要原因物質は揮発性硫黄化合物である硫化水素(H2S)、メチルメルカプタン(CH3SH)、ジメチルサルファイド[(CH3)2S] です。その中でも硫化水素とメチルメルカプタンで約90%占めます。これら揮発性硫黄化合物は、口の内に生息している嫌気性菌が唾液、血液、剥離上皮細胞、食物残渣中の含硫アミノ酸を分解・腐敗することで産生されます。』とあります。

 

口臭は、ひとによってさまざまな匂いがあります。その種類について大きくまとめると、

 

硫 化 水 素  ⇒ 卵が腐ったような臭い      

 

メチルメルカプタン  ⇒ 野菜、魚が腐ったような臭い

 

ジメチルサルファイド ⇒ 生ごみのような臭い

 

この3種類の物質が混り合って口臭が発生します。

 

口臭が発生する原因の過程には個人差があり

 

日頃の口内環境のケアによって違ったり

 

歯周病、病気、体質、食べた物などによっても口臭は発生します。