口臭の原因歯周病

口臭の原因「歯周病」とは?

歯周病は歯を支えている歯周組織〔歯肉、歯槽骨、セメント質、歯根膜〕がいろいろな要因で、出血、腫れ、口臭、歯の揺れ、噛んだときの痛みなどの症状が出てくる文字道り”歯の周りの病気”です。

 

歯周病は歯肉に炎症が起きる歯肉炎から歯周組織へ及ぶ歯周炎へ移行し、歯周病の末期といわれる歯がぐらぐらしたり膿が出ている状態の歯槽膿漏へと進行してしまいます。

 

歯周病は痛みなどの自覚症状がほとんど無い事が多く、そのため、現在世界で一番万延しており、世界人口の70%が何らかの歯茎の病気に侵されているといわれ、さらに約9億人の人々が深刻な歯槽膿漏に悩まされていると言われています。

 

その中、日本は「歯周病大国」と呼ばれ、35歳以上の約8割が歯周病だと言われています。

 

歯周病の直接の原因は歯の周りに着く汚れであるプラークに含まれる細菌です。その為、歯磨きが正しく出来ていない人には歯磨きが充分でないため歯周病は起こりやすくなります。

 

歯周病はなかなか治らないと思われていますが、近年では、口の中の虫歯菌や歯槽膿漏、歯周病菌をうがいすることによりほぼ完全に殺菌ることが出来る殺菌水を使った治療法、

 

また、歯槽膿漏の薬として、抗真菌剤などを使った治療法などもあり、適切な診断と総合的な治療をすれば、実はかなりお口の状態を良くする事ができ口臭も改善されます。