口臭の原因,食べ物

口臭の原因となる食べ物

口臭の原因に食べ物の場合があります。

 

良く知られているのが、ニンニク、ニラ、ネギ、玉ねぎ、餃子など、これは、アリシンという成分が原因。アリシンは腸内に入ると分解され、アリルメルカプタンというニオイの物質になります。それが肺を通じて口臭として出されます。

 

次に、お酒。お酒を飲むと、アルコールが肝臓でアセトアルデヒドという物質に分解されます。この、アセトアルデヒドという物質が口臭の原因です。

 

また、アルコールには利尿作用があり体内の水分を奪ってしまい、口の中まで乾燥させてしまい、口内の細菌の繁殖に繋がって口臭の原因となります。

 

食べ物の臭いは胃から上がってくるものではなく、食べ物がいったん体の中に入り消化され血液中へ送り込まれます。そして全身を巡り肺にたどりつき呼吸と一緒に臭いの強い食べ物の臭いが出てしまいます。

 

このように、食べ物が原因で臭い場合は、歯磨きをしたり、口の中をうがいしたりして口内をキレイにしましょう。また、時間がたてば食べ物が原因の口臭の場合は消えていきます。